おすすめ記事
サフィール踊り子

新型特急「サフィール踊り子」が3月14日に営業運転を開始します。
サフィール踊り子は東京駅と伊豆急下田駅を約2時間30分で結ぶ「全車両グリーン席」の「観光特急列車」です。
JR東日本は「サフィール踊り子」を通じ、伊豆エリアのブランディングを強化することで、「自然や文化、歴史」といった伊豆の「本物の魅力」を提供するとしています。

1停車駅と各駅の到着時刻

以下がサフィール踊り子の停車駅と各駅の到着時刻です。
臨時列車の占めるウエイトが大きいことからも、「観光客」に重点をおいた列車であると言えます。

下り(東京駅⇒伊豆急下田駅 ※土休日のみ新宿駅発あり)

停車駅 毎日運転
サフィール踊り子1号
臨時 (月・木・金)
サフィール踊り子3号
臨時 (土休日)
サフィール踊り子5号
新宿 - - 12:25発
渋谷 - - 12:30着
12:30発
東京 11:00発 12:30発 -
品川 11:07着
11:08発
12:37着
12:38発
-
武蔵小杉 - - 12:43着
12:44発
横浜 11:23着
11:24発
12:57着
12:58発
12:57着
12:58発
熱海 12:17着
12:19発
13:51着
13:52発
13:51着
13:52発
伊東 12:36着
12:37発
14:16着
14:22発
14:16着
14:22発
伊豆高原 12:55着
12:55発
14:47着
14:51発
14:47着
14:51発
伊豆熱川 13:05着
13:06発
15:00着
15:02発
15:00着
15:02発
伊豆稲取 13:12着
13:13発
15:11着
15:11発
15:11着
15:11発
河津 13:18着
13:18発
15:17着
15:20発
15:17着
15:20発
伊豆急下田 13:29着 15:30着 15:30着

 

上り(伊豆急下田駅⇒東京駅)

停車駅 毎日運転
サフィール踊り子2号
臨時 (月・木・金・土休日)
サフィール踊り子4号
伊豆急下田 14:12発 16:30発
河津 14:23着
14:25発
16:40着
16:41発
伊豆稲取 14:30着
14:31発
16:46着
16:48発
伊豆熱川 14:37着
14:39発
16:54着
16:56発
伊豆高原 14:51着
14:52発
17:06着
17:10発
伊東 15:08着
15:09発
17:30着
17:35発
熱海 15:30着
15:31発
17:58着
18:00発
横浜 16:27着
16:28発
18:56着
18:57発
品川 16:42着
16:42発
19:11着
19:12発
東京 16:49着 19:20着

上記の時刻表をみると、金曜日や土曜日の昼ごろに東京を出発し、日曜の夜に東京に戻ってくるという行程の旅行となりそうです。

2車内と料金

サフィール踊り子は全車両グリーン席であり、8両編成(定員164名)です。
現在スーパービュー踊り子として営業している251系は、10両編成で定員499名であり、サフィール踊り子は非常に贅沢なつくりです。(※ちなみに山手線E235系は、11両編成で定員1,724名です。)

プレミアムグリーン
1号車(伊豆急下田寄り)がプレミアムグリーンとなっており、「1+1列」で1両に定員20名です。
駅の指定席券売機またはみどりの窓口で購入でき(※えきねっとでは購入できません。)、東京駅⇒伊豆急下田駅は「11,430円」です。(普通運賃3,960円+A特急料金1,860円+プレミアムグリーン料金5,200円+伊豆急行線内の特急料金410円)
グリーン車
5号車から8号車(伊豆急下田寄り)がグリーン車となっており、「2+1列」です。
駅の指定席券売機、みどりの窓口、えきねっとで購入でき、東京駅⇒伊豆急下田駅は「9,110円」です。(普通運賃3,960円+A特急料金1,860円+グリーン料金2,880円+伊豆急行線内の特急料金410円)

 

グリーン個室
2号車と3号車はグリーン個室となっており、各車両に4人定員の個室と6人定員の個室が2室ずつあります。
みどりの窓口のみでの販売で、グリーン個室料金は4人部屋が8,400円、6人部屋が12,600円です。
東京⇒伊豆急下田では、グリーン個室料金に1人ずつ「普通運賃3,960円+A特急料金1,860円+伊豆急行線内の特急料金410円=6,210円」がかかります。
したがって、大人4人で4人用個室を利用した場合、東京駅⇒伊豆急下田駅は1人あたり「8,310円」です。

 

3まとめ

約2時間30分で東京駅と伊豆急下田駅を結ぶ「サフィール踊り子」。
現在のスーパービュー踊り子の料金6,760円(グリーン車は9,000円)と比較すると高くはなりますが、少し贅沢な旅行をするにはいい観光特急列車ではないでしょうか。

おすすめの記事